• 普段使っていない駐車場がある
  • 平日、車通勤のため自宅の車庫が空いている
  • 老後に免許返納して空いた駐車スペースがある

こんな方に朗報です。

今の時代、自宅の空いたスペースを使って副業ができるのです。

しかも費用が全くかからない、と言われたら…

より気になりませんか?

 

どういうことなのか、詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

自宅の駐車場で副業できる方法とは?

自宅の車庫で副業ができると話題になっているサービスがあります。

その正体が「駐車場シェアリング」というサービスです。

 

駐車場シェアリングは空いている駐車場・土地などを長期間ではなく一時的に貸して、駐車料金をもらうサービスです。

 

普段全く使っていないスペースを活用して収入を生み出してくれます。

 

さらに、特定の時間帯だけ貸したいという人にもこのサービスはオススメです。

駐車場シェアリングとコインパーキングと月極の違い

従来の駐車場経営と言えば月極駐車場やコインパーキングが一般的でした。

 

月極駐車場は駐車するのに適した土地に整備したり、コインパーキングはそれに加えて必要な工事が必要で始めるのにハードルが高いです。

 

しかし、駐車場シェアリングはそういった高いハードルがありません。

 

駐車場経営するのには難しい土地あっても、駐車場シェアリングは平日や休日はもちろん、数時間だけ貸したいという人にも利用できるサービスです。

 

また狭い駐車スペースであっても、軽自動車やバイクだけ停められるように車種を限定した駐車場としても場所を提供できます。

スポンサーリンク

駐車場シェアリングのメリット

駐車場シェアリングは主に3つのメリットがあります。

①費用ゼロで始められること

②利用者と顔を合わせなくてもいいこと

③最悪利用者がいなくても損しないこと

順に見ていきましょう。

メリット① 費用ゼロで始められる

駐車場シェアリングサービスは初期費用はもちろん、登録費用もゼロです。

従来の駐車場経営手法では台数にもよりますが、

  • 月極駐車場では土地の整地などで数十万円
  • コインパーキングは土地の整地や機械の導入などで数百万円

といったように、駐車場経営をスタートする前から経済的リスクを抱えた状況でスタートします。

 

これに対して、駐車場シェアリングサービスは自宅の駐車スペースを活用するので、土地の整地はもちろん機械なども必要ありません。

 

その代わりに駐車場の売り上げから手数料が引かれます。

引かれた手数料は駐車場シェアリングサービスの運営会社に支払われます。

メリット② 利用者と顔を合わせなくてもいい

駐車料金の受け取りは駐車場シェアリングサービスの運営会社が行います。

 

そのため利用者とのお金のやり取りは無く、トラブルを避けられます。

 

加えて、貸し出していても利用者と顔を合わせることもありません。

メリット③ 最悪利用者がいなくても損しないこと

①費用ゼロで始められることのところでも紹介しましたが、駐車場シェアリングを始めるための費用が一切かかりません。

 

そのため、自宅の車庫を利用する人が全くいなくても損することはないです。

 

経済的リスクがゼロから始められるというのは大きなメリットです!

駐車場シェアリングのデメリット

当然ですが、デメリットもあります。

いくつか紹介します。

土地がない人にはできない

これも当たり前のことですが、自分の自宅に車・バイクなどを停められるスペースがなければ利用できません。

 

また立地によってはあまり稼げないということもあります。

 

しかし、駐車場シェアリングのメリットでも取り上げましたが、コストゼロで始められますので経済的なリスクはないというのが特徴です。

売上手数料

駐車場を利用されたことで発生した売り上げはすべてがあなたの収入になりません。

売上から手数料が引かれてからあなたに支払われます。

 

引かれた手数料は駐車場シェアリングサービスの運営会社に支払われます。

 

例をあげると…

akippaという駐車場シェアリングサービスで

甲子園球場の近辺の駐車場で一日2500円で月に12日利用されると仮定します。

2500円×12日=3万円

売り上げが一ヶ月で3万円

この売上から手数料が50%引かれて手元に残るのが15000円です。

 

次に特Pという駐車場シェアリングサービスで

日産スタジアムの近辺駐車場の戸建て住宅で24時間1000円という駐車場があります。

仮に31日利用されると…

1000円×31日=31000円

売り上げが一ヶ月で31000円

ここから30%の手数料が引かれて手元に残るのが21700円です。

 

一ヶ月の売り上げが1000円しか変わらないのに、どこの駐車場シェアリングサービスを使うかによって手元に残る額が大きく違ってきます。

駐車場シェアリングのオススメは?

ではどこのサービスを使えばいいのでしょうか?

代表的なサービス会社をご紹介します。

akippa



業界最大手の駐車場シェアリングサービス運営会社です。

会員数は70万人以上

15分という細かい時間単位から利用者に貸し出せるなどきめ細やかなサービスがウリです。

特P(とくぴー)

手数料30%という業界最安値

月間100万PVという驚異的なアクセスを集めて話題になっています。

タイムズのB

タイムズのBはコインパーキングで有名なタイムズが運営しています。

一日単位での貸し出しで、その間に利用者は車の出し入れが自由にできます。

長時間その車庫を利用する人にとって必要なサービスですね!

Peasy(ピージー)

NTTドコモが運営しています。

スマホから駐車スペースを最大30分前からキープでき、利用者にとって優しいサービス内容です。

さらに手数料が20%とかなり低いです。

オススメは特P

個人的にオススメするのが特Pです。

なぜ特Pが良いのか?

理由は3つあります。

オススメ① 手数料の安さ

特Pの一番の特徴と言ってもいいのが、手数料の安さです。

手数料はなんと30%です。

 

akippaを含めた駐車場シェアサービスは多くで売り上げの50%の手数料がかかります。

駐車場を提供したのに売上の半分が引かれるのはもったいないですよね?

 

特Pなら手数料30%に抑えられているので、他社よりも手元に残るお金が多くなります。

初期費用や月額利用など一切なし

手数料が低く見せて初期費用や月額利用料でお金を取られるのではないか?

という不安もあるでしょう。

 

他の駐車場シェアリングサービス運営会社では手数料が20%と特Pよりも低いところもありますが、

  • 初期費用に5万円
  • 月額2000円

など、始める当初から経済的リスクが伴います。

 

ですが、特Pにはその心配はいりません。

駐車場の登録、予約受付、駐車場を貸す時間の設定、コールセンターなどの費用は一切必要ありません。

コスト0円で始められるスペースビジネス「特P」

24時間対応のコールセンター

特Pは業界最安値の手数料ながら利用開始後のサポートも充実してます。

 

  • 利用時間を超過して止めている車
  • 駐車場内でのもしもの損傷・事故、
  • 無断で車が止まっている…

といった事案でもコールセンターが対応してくれます。

 

何かあった時に深夜でも対応してくれるコールセンターがあると安心して利用できそうです。

まとめ

駐車場シェアリング市場はまだまだ発展途上で、今後も市場が拡大する可能性が高いです。

 

そうなるとライバルがどんどん増えてきますので、その前に特Pで駐車場登録をして不労所得を手にしましょう!

 

空きスペース、空き駐車場が副収入になる「特P」

スポンサーリンク