映画「テニスの王子様」やドラマ「世にも奇妙な物語」など数多くのドラマに出演し確実に女性ファンを増やし続けている俳優の本郷奏多さん。

そんな本郷奏多さんの趣味が意外なものなのです、それが「ガンプラ」作り。

 

かなり本格的な趣味のようです。

画像込みで詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

プロフィール

名前:本郷 奏多(ほんごう かなた)

生年月日:1990年11月15日

出身地:宮城県仙台市

身長:174 cm

血液型:O型

 

本名は「ほんごう かなた」さんなんですね。
「ほんごう そうた」さんだと思っていました。(笑)

 

 

本郷奏多のガンダム愛

本郷奏多さんのガンダム好きは2015年8月に放送された日本テレビ「今夜くらべてみました 夏なのにお外が嫌い男子SP」で明らかになりました。

 

当時25歳の本郷さんの自宅に訪問してプライベートに密着。

ガンプラ好きなのがわかる画像を入手しました。

 

本郷さんはかなりの出不精のようで1日10時間以上ゲームをする日もあるそう。

 

本郷さんのお部屋の棚にはお気に入りのガンプラが照明に当てられて大量に並んでいます。

全部で200体以上のガンプラが置いてあり中には世界に500体しかない限定ガンプラもあります。

かなりの数がありますので棚に飾れないものは箱に入れられています。

また本郷さんはただ説明書通りに作っているのではありません。

 

スポンサーリンク

なぜこんなにガンプラにはまるのか?

ここまでガンプラにはまっているのは何気ないことがきっかけでした。

それは本郷奏多さんが小学2年から3年生の頃にガンプラを買ってもらったことがはまる理由のようです。

 

そこから発展し中学生のころにはガンダムの作品を全て観たようです。

中学生のころからすでにガンプラを作り始め、大学生になると本格的に作るようになります。

ガンプラの羽をLEDで光らせたり、塗装作業をするためにガスマスクを装備するなどそのはまりっぷりは本格的です。

 

そんな本郷さんにはある夢がありました。

 

それはガンプラの工場を見学すること。

ガンプラの工場見学は約60倍という高倍率だそうで、何回も抽選に応募したそうですが当選していませんでした。

 

しかし今まで実現しなかった工場見学が実現したのです。

 

番組の企画で工場見学が実現!

本郷さんは2017年12月1日に放送された日本テレビ「沸騰ワード10」の企画で特別に工場を訪れることができました。

訪れたのは静岡市にあるガンプラ工場こと「バンダイホビーセンター」。

 

工場内では数年に1度しか発売されないガンプラ「PG(パーフェクトグレード)」で発売前のPGも特別に見学。

さらに1970年に製造された最初のガンプラの金型も見ていました。

VTR後のスタジオで本郷さんは「本当に夢がかなった、めちゃくちゃ楽しかったです。」と興奮した様子で語っていました。

 

これだけガンダムに夢中になっていては彼女もいないのでは?

と思いましたが、どうやらそれは間違っていないようです。

実は本郷奏多さんは以前に恋愛は意味がないものだと語っていたのです。

 

それに関する記事はこちら!!

スポンサーリンク