落語家としてだけではなく、コメンテーターとしても活躍している立川志らくさん

そんな志らくさんが偉そうと世間から言われており炎上しているというのです。

どういうことなのか詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

偉そうという声が相次ぎ批判殺到?

落語が本業の志らくさんですが、最近では映画監督や舞台演出家、さらにはコメンテーターとしても活躍しており、テレビで見かける方も多いのではないでしょうか?

そんな志らくさんのコメンテーターとしての発言などが一部の人から偉そうだという声もあり炎上しているとも言われています。

 

実際にネットの反応を見ると

・なんであんなに偉そうな物言いができるの?

・気分が悪い

・偉そうに言う前に落語の勉強をしてほしい

・偉そうな人だけど、コメンテーターが仕事なの?

など志らくさんを批判する意見が多いですね。

 

この他にもネットでは批判的なコメントをする内容も多く見受けられます。

このことから志らくさんが偉そうだととらえて炎上しているのは間違いがなさそうです。

 

志らくさんは一連の炎上に対して

炎上しようがしまいが視聴者がコメントに引っかかってくれなければテレビに出る意味がありません。

とコメントしており、このスタンスを改める気はなさそうです。

 

こういったコメントがますますアンチを生む結果になってしまってより偉そうだ、として炎上するのでしょう。

彼のこれほどの大胆と受け取られるような発言などもあってか、志らくさんが出演している「ひるおび」に出演させるな!という声も出てきています。

ひるおびでの発言も炎上?

志らくさんは2016年からTBSの「ひるおび」にコメンテーターとして出演しています。

志らくさんは「ひるおび」で政治・経済のみならず芸能ニュースなどに至るまであらゆる事柄に対してコメントしています。

 

しかし、コメンテーターとしての発言が過激だと受け取られてしまい、批判が殺到して

・顔も見たくない

・ひるおびを降板してほしい

・志らくが嫌い

・この人のおかげで落語が嫌いになるかも

・テレビ出るなよ

・どこかズレてるよ

など志らくさんに対して批判的でひるおびのみならずテレビ出演自体を否定する声も多いです。

 

視聴者の癪に障るコメントもあるかもしれませんが、他のコメンテーターと同じ意見だと目立たないという持論もある意味間違いではないですね。

 

目立つことが無ければこれだけのコメントも来ることもなかったでしょうし、立川志らくという存在自体を知ることもなかったでしょう。

 

自分もここ最近の志らくさんのコメントなどを見るまでは立川志らくさんの存在自体を存じ上げていませんでした。

スポンサーリンク

評判は悪くなるばかり?

ひるおびなどの番組での発言が物議をかもしている志らくさんですが、その評判の悪さはこれだけにとどまりません。

・なぜテレビで起用するの?

・コメンテーターに向いてないよ

これまた厳しい意見が寄せられていますね。

 

これに対して志らくさんは

世間からずれているからコメンテーターとして重宝がられるんです。

落語家がまともでは意味がありません。

私はみんなが話す方向の逆もしくは斜めから入る習慣をつけています。

常に逆から行くことを意識しないとみんなと同じようなコメントになり面白くありません。

ただ、事件や事故に関してはさすがに逆からはいけませんが。

と語っており普通の人とは違た観点から見ていることから、ネットで批判されて炎上することしばしばあるそうです。

擁護の声はあるの?

ここまで志らくさんに対して批判的な意見を取り上げましたが、では逆に志らくさんに対して擁護する声はあるのでしょうか?

 

 

結論から言うと、もちろんあります。

志らくさんのニュースに対してのコメントで賛成する人も少なくありません。

ネットを見ていると特に最近の相撲関連のニュースでのコメントに対して賛同の意見が相次いでいました。

こちらは2017年12月24日の「新報道2001」に出演した志らくさんの発言です。

相撲関連のニュースを見ても相撲協会側に寄り添った意見が多かったから、貴乃花親方サイドに寄り、かつメディア批判をする意見は他のコメンテーターにはない珍しい意見ですね。

まとめ

・コメンテーターとしての意見が炎上することは確かにある

・批判的な意見だけでなく、志らくさんに賛同する人もいる

 

メディアは似たような意見をするコメンテーターを番組に出演させるような印象がありますのでどうしてもニュースに対するコメントが似たものになってしまいます。

ですから志らくさんのような他のコメンテーターとは違った視点からのコメントは逆に視聴者を考えさせるきっかけになるのではないでしょうか?

今後もいろいろなニュースに対して本音でコメントしてほしいですね!

スポンサーリンク