平昌オリンピックで羽生選手に次いで銀メダルを獲得したフィギュアスケート選手の宇野昌磨選手。

ここまでの感動の軌跡と宇野さんのインタビューを見ていると宇野昌磨さんってもしかしてぶっとんでるかな?と自分は感じました。

その疑問はどうやら間違っていないようです。

その要因は宇野さんの実家にありました。

どういうことなのか詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

宇野昌磨の実家はお金持ち?

宇野昌磨さんの実家はお金持ち?という噂があります。

その噂は間違いないでしょう!

 

なぜならフィギュアスケートはお金がめちゃめちゃかかるからです。

噂では世界一お金がかかるスポーツともいわれています。

幼いころから費用は莫大!

例えばスケートシューズ。

安いものでも5~10万円です。

しかもそのシューズを永遠に使い続けるわけではありません。

靴が痛むので交換が必要になります。

年間2~3足は必要になるとか。

さらに靴の下にある刃の部分のエッジも安くて一足5万円です。

 

シューズ以外にもスケート教室に通うための費用、具体的には月謝やレッスン代、リンク使用料などを合わせて1ヶ月に20万円ほどかかります。

この時点で年間300万円以上かかる計算になります。

世界レベルになるとよりお金がかかる!

フィギュアスケーターとしての実力もつきノービスクラスの競技会に参加するとよりお金がかかるようになります。

まずはこのノービスクラスの競技会に参加するためのフィギュアスケートのクラブに所属するための登録料で50万円ほど掛かります!

 

また競技会に参加するには衣装も用意しなければなりません。

安い衣装でも10万円近くします。

 

それに加えて競技用に使う楽曲と振付のための費用で5~10万円

中学生になるとジュニアクラスで活動することになります。

そこでバレエや筋力トレーニングのための費用で月に30~50万円ほど。
この他にも遠征費などもかさみます。

 

中でもお金がかかるのが専属コーチに支払う費用です。

 

コーチの契約金額には差はありますが、タチアナ・タラソワさんやニコライ・モロゾフさんといった世界的に有名な人をコーチにつけると年間で1000万円以上かかります。

さらに宇野選手ほどの実力選手が使うスケートシューズともなると、シューズ一足でなんと20万円もかかるそうです。

しかも1、2回ほど新しいシューズに取り換えるので年間で40万円以上はかかりますね。

 

小学校からフィギュアスケートを始めたとして浅田真央さんがオリンピックに出場する19歳までの合計費用をざっと計算すると、

 

なんと1億2000万円以上かかります。

 

一般的になサラリーマンの生涯賃金より少し低いぐらいの金額が掛かるとは思いもよりませんでした。

これは確実に実家がお金持ちでないとできないことですよね、フィギュアスケート選手の実家がお金持ちだということも納得です。

宇野昌磨の父親の職業は?

そこで気になるのが宇野選手の父親がどんな職業に就いているのか。

父親の名前は宇野宏樹さん

見るからに高そうな椅子に二人仲良く座っていますね。

 

調べると父親は会社経営をされている方でした。

やっぱそうですよね~、って感じですね(笑)

 

フィギュアスケートは一般的なサラリーマンでは到底費用が捻出できないから社長をしているということで納得です(笑)

 

父親の宇野宏樹さんは名古屋市内で「株式会社ウィード」という会社を経営されています。

業務内容はというと…

①テクニカルマニュアル作成業務

②テクニカルイラスト作成業務

③販売促進ツール作成業務

④企画・デザイン全般

素人の自分にはよく分からない業務です(笑)

 

ですが、よくよく見ているとハードウェアとソフトウェア各種製品の操作マニュアルを作成して指示書を代行で作成する業務らしいです。

 

主要取引先に

・ブラザー工業株式会社

・富士ゼロックスサービスリンク株式会社

などが名を連ねているので安定している会社なのかな?と思います。

 

父親が会社を設立したのは2000年で宇野昌磨さんがフィギュアスケートを始める前だったので、事業は安定して軌道に乗っていたのでしょう。

スポンサーリンク

母親は極道関係者?!

母親の名前は宇野純子さん

ブログやFacebook、Twitterなどで情報を発信されていましたが現在は全体では公開していない?ようです。

 

ネット上で騒がれていたのが母親が極道関係者という噂がありました。

ですが、全くのデマといって間違いはないでしょう。

 

もしかしたら怒ると極道の人みたいに怖いという意味で使われたのかもしれません。

 

宇野選手のサポートなどをかなり熱心にしているということなので、トレーニングで時には厳しく怒ることもあったそうです。

宇野選手がジャンプを失敗したり転倒するとものすごい勢いで怒鳴っていたとか(笑)

 

また名古屋市の大須のリンク場で宇野選手が練習しているときに母親・純子さんの「しょうま!」という声がこだましていたそうです。

こういったことが広まって極道という疑惑が浮上?したのかもしれません。

 

ですが、母親の宇野純子さんは宇野選手が平昌オリンピックで銀メダルを獲得したときに

「日々の辛い練習に耐えて地道な努力を重ねたてきたことをそばで見てきました。『お疲れ様』と声をかけます。」

といった優しい一面が垣間見えました。

まとめ

・宇野選手の実家はお金持ち

・父親・宏樹さんは名古屋で会社経営をしている

・母親・純子さんは極道関係者でも何でもない

 

今回は羽生結弦選手に惜しくも敗れて銀メダルになりましたが、2018年で21歳になる年です。

まだ現役を続けられると思いますので、今後も金メダルを狙って頑張ってほしいですね!!

こちらもどうぞ~
 宇野昌磨と羽生結弦がつけているネックレス、どこのメーカーで値段は?
 宇野昌磨は天然ボケって本当?意外な特技とは?動画付きでまとめ!

スポンサーリンク