引用元:http://eiga.com/news/20131209/15/

北川景子さんといえば美人で何でも完璧にこなせそうなイメージがありませんか?

ところがどうしても直らない弱点があるそう。

それは食事するときの食べ方。

巷ではこの食べ方がきたなくて下品なんて声も聞かれます。

スポンサーリンク

食べ方について言われ始めたのは?

ネットで北川景子と検索すると食べ方に関するものが出ています。

中には食べ方がきたないなんて言われることも…

そのきっかけになったのが2008年8月21日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」でのことでした。

この番組の「食わず嫌い王決定戦」に北川景子さんが対戦相手の唐沢寿明さんと対決しています。

こちらの動画は北川景子さんがサバの味噌煮を食しているシーンです。

 

サバの味噌煮を食べたとき、対戦相手だった唐沢寿明さんはこの表情。

「この人どんな食べ方してんだよ?」

みたいな視線を感じます。

 

次にアボガドを食すシーン。

若干悪意のあるショットが切り取られてますねww

細かく切って食べるのではなくあえて丸ごと一切れで食べています。

なぜこうなったのかは分かりませんが、食わず嫌いで決定戦で切って食べると相手にツッコまれるすきを与えたくなかったから一気に食べたのかのかもしれませんね。

この番組がきっかけでその後もず~っと北川景子は食べ方が下品できたないというイメージがついてしまったようです。

 

二度目のチャレンジはどうなった?

2008年に食べ方がきたないと言われて3年後、北川景子さんはグルメ番組に呼ばれていました。

その番組はSMAP×SMAP。

この時は汚名を返上できるのか?
と思われていましたが…

この時もやはり食べ方がだめだと言われる羽目になりました。

2008年の食わず嫌い王決定戦の時に比べればまだ改善されたような気もしますが…

口の中に食べ物を入れたまま話していたり、頬を膨らませるぐらいに口いっぱいに頬張るが当たり前のようになっていますね。

とても美人で端正な顔立ちなのに、食べ方に問題があるとお行儀が悪いと世間から認識されて印象が悪くなるんですね。

 

スポンサーリンク

三度目の正直なるか?

すっかり食べ方がきたないとレッテルを貼られてしまった北川景子さん。

その名を返上するために再度グルメ番組にチャレンジします。

リベンジは2014年4月29日放送の「火曜サプライズ」でした。

DAIGOさんとウエンツ瑛士さんの3人で横浜中華街のお店巡りをしていました。

まずは1件目のお店でパリパリの焼きそばを食べるシーン。

 

一度に口に運ぶ量は明らかに以前に比べて抑えめにしていますね。
大分よくなった感があります。

続いて2件目でステーキフォンデュを食したときの画像です。

 

これまでの食べ方とは違って改善された気がしますね~
口にお肉を入れているときに話すときもしっかりとお口回りを手で押さえながら話しており上品になっているように感じます。

 

食わず嫌いに再度挑戦!

2014年7月10日に放送された「食わず嫌い王決定戦」。

この時の対戦相手は木村拓哉さん。
木村さんとは2011年のSMAP×SMAPの「ビストロスマップ」で共演しています。

ここでもきたない食べ方をしていたら汚名返上することは難しくなるでしょう。

果たして結果はどうでしょう…

 

かなり綺麗に食べられるようになっていますね。

 

なぜここまできれいに食べられるようになったのか?

2008年の食わず嫌いから2014年の食わず嫌いまで6年が経過しました。
ですが6年でここまで食べ方を改善するのもそうそう簡単なことではありません。

なぜここまで直せたのか?

それは北川景子さんの真面目な性格あると思われます。
過去にはギャルのような風貌をしていたのもあって真面目そうな印象がないとお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし実は北川さんは偏差値69の難関校・大阪女学院高校卒業、大学は明治大学に通っていたためかなり高学歴の持ち主です。

以前「食わず嫌い」に出演したとき「悪口を言われたら凹むんです。」と言っていました。
おそらくネットで食べ方がよろしくないと書かれていたことも承知はしていたでしょう。

そのことが気になってどうやればきれいに食べられるか考えながら少しづつ改善したのでしょう。

 

まとめ

・確かに当初の食べ方に課題はあったが、徐々に直していった。

大分きれいになってよかったです!

食べ方い一つでこんなに印象が変わるとは思いもしませんでした。
自分も食事マナーには気を使いようにしないとですね!

 

そんな北川景子さんはすっぴんがひどい?という噂があります。
果たしてそれは本当なのか、気になる方は → こちら!

スポンサーリンク