2019年4月1日に新元号が発表され『令和(れいわ)』に決定。

この『令和』という元号はどこから引用されてどんな意味が込められているのでしょうか?

スポンサーリンク

どこから引用した?

『令和』という元号は万葉集から引用されました。

具体的に言うと万葉集「梅の歌」の32首の序文から引用されています。

 

初春の令月(れいげつ)にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。

 

これまでの元号は中国の古典から引用していましたが、『令和』は初めて日本の書物から選ばれています。

どういう意味が込められているの?

安倍総理が談話で『令和』の意味を発表しました。

 

安倍首相は記者会見で、新元号「令和」に関し「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000064-kyodonews-pol

 

スポンサーリンク

まとめ

『令和』は…

・万葉集「梅の歌」の32首の序文から引用

・人々が美しく心を寄せ合い、文化が生まれ育つ意味がある

 

勘違いされている方もいらっしゃいますが、『令和』は5月から始まります。

4月30日までは平成です。

残りの平成を楽しみながら新たな時代『令和』を待ちましょう!

スポンサーリンク