年末恒例の今年話題になった100人に超ド級ドッキリを仕掛ける番組「うわっ!ダマされた大賞2017」。

この中の企画でひふみんこと加藤一二三さんが初めてドッキリに仕掛ける企画がありました。

そこで気になったのがチュートリアル徳井義実さんの隣で一緒に解説していた左側の女性!

このかわいい女性の正体が気になりませんか?


ネット上でも同じ声が出ています。

一体誰なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

ダマされた大賞で徳井の隣にいた女性は誰?

徳井さんの隣にいたのは

将棋の女流棋士の香川愛生(かがわ まなお)さん。
愛称は「番長」です。

1993年4月16日に東京都狛江市で生まれた香川さん。

2008年10月1日当時15歳でプロ入り。

プロ入りする前に2005年(第37回)、2006年(第38回)の女流アマ名人戦で2連覇を達成。
第27回(2006年)全国中学生選抜将棋選手権大会(女子の部)でも優勝するなどその実力は折り紙付き。

趣味はシャーロック・ホームズ、KUBO、ゲーム。
ゲーム好きの趣味が高じたのか、隔週木曜で「週刊ファミ通」でコラム連載中です。

 

香川愛生がめちゃかわいい!

香川愛生さんがめちゃかわいいですよね!
そこで香川愛生さんの画像をいくつかピックアップ!

 

・画像をクリック/タップすると拡大

スポンサーリンク

香川愛生の出演に対するネットの反応

ネットでもかわいいという声が相次いでいます。

 

まとめ

どの角度から見てもかわいいですよね~

将棋の世界は堅苦しいイメージがありましたが、こんなにかわいい女性がいたんですね!
かわいい棋士がいると将棋に興味がわく人も出てくるでしょうし、目指す人も現れてくるでしょう。

将棋界にとっては無くてはならない存在に違いありません。

今後も香川さんの活躍に期待ですね!

そんな香川さんの過去の姿はビックリするぐらい今と違います。
どんな姿か気になる方は → こちら!

スポンサーリンク